食品工場向けロボットシステム


 「AI画像処理」「ロボット制御」「モバイルインターフェース」を1つのモジュールにした独自開発のロボットコントローラで、①小型化、②高い拡張性、③低予算なロボットシステムを実現。従来課題だった、多品種少量生産への対応、既存ライン(省スペース)へ適用し、工場ラインの効率化を実現します。

こんな悩みありませんか?



その悩み、Closerの技術で解決します!

①小型:人間と同程度のコンパクトサイズ。協働ロボットとしても対応可能で、作業者の邪魔になることを防ぎます。
②最適化:シンプルなシステム構造でスムーズなテスト導入が可能です。大幅なコストカットを実現しました。
③拡張性:ソフトウェアアップデートにより、導入後の機能追加が可能です。複数の食品の自動化に対応します。


具体的な使用例

・食品の不良品分別の自動化
・食品のコンベヤへの投入・収集の自動化の自動化
・食品の包装機への投入・収集の自動化の自動化
・化粧品の箱詰めの自動化
・部品のピッキングの自動化
その他、様々な単純作業の自動化を実現


カタログで詳しく見る